進化するドライテクノロジー

進化するドライテクノロジー

進化するドライテクノロジー

1978年、オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスは、特許を取得した多層膜ドライスライドテクノロジーを導入し、高品質の結果を低コストで、素早く、効率的に得ることのできる方法を、医療従事者の皆様に提供しました。これは診断用製品の分野における一つの革命でした。これ以降、弊社は、お客様のニーズを満たして成功に導くため、臨床診断をさらに利用しやすくすべく、ドライケミストリーの進歩に力を尽くしてきました。なぜなら、処理能力を高め、無駄をなくし、リソース不足を補い、品質を改善するようにというプレッシャーがあるなか、これまで以上に検査結果が重要になるからです。

特殊な検査事例のための特別な能力を実現します

はじめに:シンプルというビジョン

ドライケミストリーは、シンプルというビジョンから始まりました。ドライケミストリーは、そのはじまりから、当時のニーズに取り組んできましたが、多くの成果が現在でも意味を持ち続けています:
 

  • 迅速・正確な結果報告
  • 高い精度
  • キャリブレーション期間の延長
  • 少ない検体量
  • 試薬や検体の下準備が不要
  • 効率的に検査結果が得られる
  • 直接 ISE法
  • BuBc の直接測定

現在:ドライテクノロジーのさらなる機能や能力の導入

技術が進化するにつれて、ドライテクノロジーのさらなる機能や能力が開発・導入され、次のようなことが実現されました:
 

  • 高品質システム
  • 迅速・正確な結果報告
  • 信頼性
  • 簡単操作
  • 効率
  • 臨床的意義
  • 予測精度

将来:効率性、処理能力、信頼性を実現するソリューション

弊社はドライケミストリーテクノロジーを継承し、効率、処理能力、信頼性の向上を実現します。

ドライテクノロジー画像

関連製品とサービス

全自動免疫生化学統合システム ビトロス® 5600Ⅱ

ドライテクノロジーを使用した免疫生化学統合システムで運用を改善、エラーを低減して、増大する需要に応えます

もっと読む   

マイクロスライド・テクノロジー

多層膜ドライスライドテクノロジーにより、高品質な結果を得て、オペレーターの仕事を最小化し、際立った使いやすさを実現するほか、報告可能な結果を95%の効率で得ることができます1

1. 自社データによる。オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス。
もっと読む   

マイクロチップ・テクノロジー

生化学項目、TDMおよびオープンチャンネル。水を使用しない機器設計により従来のWetシステムでは避けられなかったコスト、メンテナンス、キャリーオーバー、コンタミネーションなどのリスクがありません。

もっと読む   

マイクロウェル・テクノロジー

高感度エンハンストケミルミネセンスを採用し、希釈、再検、再採血の無駄が省けます。

もっと読む   

© Ortho Clinical Diagnostics 2018 このサイトは、オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス株式会社が公開したもので、そのコンテンツについては全責任を負うものです。 掲載している弊社製品は各国の規制基準を満たしていることが前提となっています。このサイトは、日本の医療関係者向けに作成しております。 最終更新: 2015年09月03日 08:50

${loading}